少年少女発明クラブとは?

http://kids.jiii.or.jp/

少年少女発明クラブは、発明協会創立70周年の記念事業の一環として、1974年にスタートした事業です。現在、全国47都道府県に214か所、約9000名の子どもたちと約2800名の指導員が活動しています。

富谷市少年少女発明クラブ 開設の趣旨

富谷市は仙台北部中核工業団地群に隣接し、そこに勤務する社員のベットタウンとして、人口が増加している。一方、技術者の高齢化、少子化により次世代のものづくり人材が不足している。そのため地域の行政、学校、企業、民間が連携して、将来の人材を育成する必要がある。
発明クラブは、当該地域の次代を担う児童、生徒に科学技術に関する興味、関心を追求する場を提供し、科学的で独創的な発想に基づく創作活動を通して発明くふうの楽しさと創作する喜びを体得させることにより創造性豊かな人間形成を図ることを目的とする。

主  催

富谷市少年少女発明クラブ、一般社団法人宮城県発明協会、公益社団法人発明協会

共  催

富谷市教育委員会

後  援

くろかわ商工会

事 務 局

放課後等デイサービスQキャンプ富谷
〒981-3341 宮城県富谷市成田4-19-9
(電話)022-346-9510
(FAX)022-346-9512

会  場

西成田コミュニティセンター
宮城県富谷市西成田郷田一番94

宮城県富谷市西成田郷田1-94